2020年9月5日、土曜競馬の予想

今週は初心に帰り、余計な企画など立てずに、シンプルな予想に徹します。ぜひご参考になり、JRAの土曜競馬をお楽しみください。

新潟競馬の予想

7R

3枠6番 ナスノメロディー △

7枠13番 トキメキ ▲

8枠17番 アチェロイス ◎ 

アチェロイスは、なかなか勝てていませが、騎手が思い切りのいい菊沢騎手になったことが好結果をもたらすと思います。

ナスノメロディーは、岩田望来騎手との相性がいいので、今回も期待して賭けてみます。

トキメキは、過去4戦、3着、3着、4着、3着と惜しいレースが続いています。今回も「惜しかったね」で終わるのか、それとも突き抜けるのか、結果に注目したいと思います。

9R

2枠3番 ラストマン ◎ 

7枠12番 セラン △

8枠14番 ウインフォルテス 〇

6枠11番 ベルダーイメル ✕

ラストマンは、これまで外国人騎手で好成績を収めていた馬に福永騎手が初騎乗します。文句なく、ぶっちぎってほしいです。さて、お手並み拝見!

ウインフォルテスの前走は、3歳以上2勝クラス(1000万円以下)で4着でした。デムーロ騎手への変更はプラスになると思うので、ラストマンと一騎打ちでしょうか。

セランは、前走JRA「呉竹賞」に勝利しました。三浦騎手に乗り替わりますが、馬の能力も長けているので騎手変更の影響は全くないと思います。

ベルダーイメルは、泉谷楓真に乗り替わって2連勝と絶好調。3連勝なるかならぬかの勢いのある馬。この馬の予想の扱いをどうしようと思いましたが、もしかしたらと思い、大穴に。

10R

2枠2番 シャドウアイランド ◎

4枠5番 キタサンバルカン ○

8枠13番 パルティアーモ △

シャドウアイランドの2000mで、デムーロなら、1着か2着で決着しそうです。前走は3歳以上2勝クラス(1000万円以下)で2着でしたので、その好調さは続いていると信じます。

キタサンバルカンは、2000m代の距離なら、2、3着には入るのではないだろうかと思います。あわよくば1位に。相当期待していいのではないでしょうか。

パルティアーモが2勝したのは去年のことで、今年は2着と5着の2回しかレースをしていません。若干の不安はありますが、福永騎手に賭けてみます。

11R

3枠5番 サトノウィザード ◎

3枠6番 オメガラヴィサン ○

4枠8番 レッドベルディエス ✕

6枠12番 ワンダースアダーオ △

サトノウィザードは、前走「月岡温泉特別」を勝った昇格馬。この馬と福永騎手の相性を考えたら、1位候補に推せざるを得ません。今年も、3回騎乗して、1着2回2着1回の好成績ですし。

オメガラヴィサンは、約ひと月前に新潟のレースで3着になりました。引き続き上位に入る走りを見せてくれそうです。

ワンダースアダーオは、1着までは望みませんが松若騎手に乗り替わり、2着、3着にはクルことを願っております。

レッドベルディエスの前走は、3歳以上3勝クラス(1600万円以下)で10着。田辺騎手が騎乗するということで、期待をこめて✕予想にしました。

小倉競馬の予想

4R

2枠3番 ナオミエキスプレス

2枠4番 ホワイトロッジ

5枠9番 オウケンラブキセキ 

ホワイトロッジは、前走、川田騎手で初勝利を手にできませんでしたが、再チャレンジで勝利をつかみとります。

オウケンラブキセキと北村友一騎手のコンビは、いつもオッズ1位の人気になります。それほど期待が大きいということですね。今回はどうでしょうか。

ナオミエキスプレスは、浜中騎手に乗り替わってから4戦中4着が3回。今度こそは3着以内に入ってくれることを願います。

9R

3枠3番アルコレーヌ ◎

4枠5番 アドマイヤビーナス ○

8枠12番 マドルガーダ △

アルコレーヌは、デビュー6戦で2-2-1-1と好調。前回に続き、川田騎手騎乗で勝利をつかみとることでしょう。

マドルガーダは、藤岡康太騎手に乗り替わりましたが、問題なし。馬に力があるので、騎手が変わっても揺るぎません。今回も1着、2着候補です。

アドマイヤビーナス前走は、3歳以上2勝クラス(1000万円以下)で3着。鞍上の浜中俊騎手がうまく乗りこなしてくれれば、もっと上位をめざせるはずです。

10R

1枠1番 サンライズナイト ○

5枠8番 キタサンタイドー △

8枠14番 グアン ◎

グアンは、好調・不調の波が激しいですね。気分屋なのか、体力的なことなのかはわかりませんが、前回3着となったときの秋山騎手騎乗は大変心強いです。

サンライズナイトは、この2戦とも11着と成績は良くありませんが、浜中騎手に乗り替わり気分一新。きっかけさえつかめれば、上位進出も可能とみています。

キタサンタイドーは、松山騎手が乗り、前回4位と健闘しました。馬と騎手の意思疎通も上々だと思います。今回は着順にこだわって、1着を目指してほしいです。

11R

4枠8番 クインズチャパラ △

5枠9番 ビアイ ◎

6枠11番 ワールドフォーラブ ○

8枠16番 アダムバローズ ✕

ビアイは、3連勝を目指しましたが、前走「佐世保S」は4着。森騎手に乗り替わりプラスか、マイナスか判断を下せませんが、馬の能力は高いとみています。

ワールドフォーラブは、時折10着以下になりますが、おおむね安定した走りを見せてくれます。今回のレースは手堅く2、3着あたりかなと思っています。

クインズチャパラは、昨年10月に「桂川S」をデムーロ騎乗で16着となって以来のレース。久々のレースで3勝実績の脚力を発揮できるでしょうか。

アダムバローズの前走は、およそ9か月ぶりのレースで5番人気・8着。川田騎手へ乗り替わり、オッズの人気は上がると思われますが、馬に上位進出の脚力がなさそうな気がして、✕にしました。

札幌競馬の予想

4R

2枠2番 トライハード ◎

5枠8番 インセンディオ △

6枠10番 スぺラメント ○

8枠13番 アポロファントム ✕

トライハードは、前走の札幌でのレースはルメールで2着。今回、引き続き同騎手が騎乗しますので、1着になることを期待したいです。

スぺラメントは、前走からお父さんの横山典騎手から和生騎手へ乗り替わりましたが、オッズ人気1位で5着の結果に。今回は、もっと上位の着順を狙ってくれるものと思います。

インセンディオは、札幌で大野騎手に乗り替わってから、0-2-1-0と好調をキープしています。

アポロファントムは、常に惜しいレースを続け、3着以内を逃しています。これが馬の実力なのか。騎乗が続く横山武史騎手の手綱さばきが脆いのか。あともうひと踏ん張り、がんばってほしいです。

7R

1枠2番 ラヴィンジャー ○

7枠14番 シークレットアイズ ◎

8枠16番 ヤップヤップヤップ △

シークレットアイズは、前走「駒ヶ岳特別」を1着に導いた丸山騎手からルメールへ乗り替わりますが、マイナス要素はありません。連勝の可能性は高いと思います。

ラヴィンジャーは、北海道に強い吉川騎手の騎乗ですので、3着圏内はまず間違いないと思います。

ヤップヤップヤップは、昨年8月のレース以降、戦績はよくありません。しかし、札幌の芝はこの馬に合っているはずです。このレースをきっかけに、本来の走りを取り戻してほしいと思います。

10R

1枠2番 フィルムフェスト ◎

2枠3番 ラキ ○

6枠12番 キーダイヤ △

フィルムフェストの鞍上に、ルメールが帰ってきました。デビュー3戦を騎乗した時のルメールの成績は1-1-1-1。久々ですが、馬を知り尽くしている強みがあります。

ラキは、前走「礼文特別」を1着で走った勢いがあります。1200mという距離もこの馬に合っていると思います。

キーダイヤは、デビュー戦以来、オッズ人気が1、2のファンが多い馬です。今回、戸崎騎手に乗り替わり、ラキやフィルムフェストとの脚比べが楽しみです。

11R

1枠1番 ピンクカメハメハ ◎

5枠8番 ユーバーレーベン ○

7枠11番 ウイングリュック ✕

8枠13番 ソダシ △

ピンクカメハメハは、前走の新馬戦で楽な手ごたえで4馬身差をつけた走りに期待したい。

ユーバーレーベンは、前回も戸崎圭太騎手が騎乗。鼻差でしたが、レーン騎手騎乗の馬に勝利しました。こういう接戦をものにできる根性は、将来の可能性にもつながります。

ソダシは、新馬戦で危な気なく勝ちました。メンバー的に強化されますが、上位に食い込みたいところです。

ウイングリュックは、前走2戦目で初勝利。走ったメンバーとの兼ね合いもありますが、5馬身差で勝利は評価したいです。


最強競馬ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
iQiPlus