• 2020年9月17日

ヴァルコス太め感なく態勢は整う/セントライト記念

<セントライト記念:追い切り> ヴァルコス(牡、友道)は栗東坂路で4ハロン55秒0-12秒7をマークした。ダービー14着以来の休み明けだが、友道師は「太め感はないし、秋初戦としてはいいのではないか」と態勢は整っている。 「もともと本当に良く […]

  • 2020年9月17日

武豊騎手がジャパンで9度目の凱旋門賞挑戦決定

武豊騎手(51)が欧州NO・1の名門A・オブライエン厩舎のジャパン(牡4)で凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=仏パリロンシャン)に挑戦することが決まった。共同所有するキーファーズ(代表は松島正昭氏)が17日、公式サイトで発表し […]

  • 2020年9月17日

コントレイル進化「トモが全然違う」/神戸新聞杯

<神戸新聞杯:1週前追い切り> 無敗の2冠馬コントレイル(牡3、矢作)が春よりバージョンアップした。来週に行われる菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2、芝2200メートル、27日=中京、3着まで優先出走権)に向けて16日、1週前追い切りを行っ […]

  • 2020年9月16日

英女王所有ディープ産駒ポートフォリオ初戦は2着

エリザベス女王が所有するディープインパクト産駒ポートフォリオ(牝2、M・スタウト)が15日、ケンプトンパーク競馬場(英国)の1R(オールウェザー1400メートル、出走14頭)でデビューした。 単勝オッズは7・5倍の3番人気。パット・ドブス騎 […]

  • 2020年9月16日

ガロアクリーク中距離も大丈夫/セントライト記念

3日間開催最終日の21日中山ではセントライト記念(G2、芝2200メートル、3着まで菊花賞優先出走権)が行われる。今回の出走メンバー中、ダービー最先着(6着)のガロアクリーク(牡、上原)が実績上位の存在だ。短距離が得意とされるキンシャサノキ […]

  • 2020年9月15日

凱旋門賞はラブvsエネイブル一騎打ちムード

【パリ13日】GI凱旋門賞(10月4日)の重要前哨戦が本番と同じパリロンシャン競馬場の芝2400メートルを舞台に3レース行われた。  7月14日に組まれていたGIパリ大賞(3歳、セン馬不可)がコロナ禍でGIIニエル賞に替わってこの日、10頭 […]

  • 2020年9月14日

21日は「JRAアニバーサリー」

21日はファンに感謝の気持ちを伝える「JRAアニバーサリー」デー。中山・中京の全24レースを「JRAスーパープレミアム」として、通常の払戻率を引き上げ、全レースの全投票法(単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5)の払 […]